2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.05.04 (Wed)

和風ハンバーグと石のスープ

IMG_5884.jpg

息子と二人で千里中央の図書館に行く。
ここの図書館はウチから結構離れているのだが、
割りかし広いのでちょこちょこと利用している。

そこの図書館ですごい絵本を見つけた。

「オオカミと石のスープ」
IMG_5820.jpg

オオカミの目がやけに怖い。
すごくシュールな内容で、本当に子ども向きの絵本か!?と思ってしまう。

自称年寄りオオカミがある村にやってくる。
その村には動物たちが家を持って暮らしている。

オオカミはメンドリが住む家をノックしてこう言う。
「少しばかり暖炉にあたらせて下さい。お礼に石のスープを作ってあげましょう。私は歯が一本しかない
 年寄りオオカミなので怖がる事はありません」

少し不審に思うメンドリだが、石のスープに対する好奇心に負けオオカミを家に入れる。
その時オオカミが袋から大きな石とナイフを取り出す。

この時のオオカミの表情がとても怖い。
もう間違いなく、石とナイフを別の用途に使うであろう事が想起されるシーン。

しかしそこに次から次へと近所に住む動物たちがメンドリを心配してやってくる。
その手にはスープの材料を持って。

さしものオオカミも当初の目論みがはずれたらしく、
動物たちと、煮えるはずのない石のスープとワインを共に飲む。

「みんなで集ると楽しいわね、これからもっとこういう機会を増やしましょうよ。」
と張り切るメンドリ。

盛り上がる動物たちを尻目に、石を袋に入れ直して立ち去ろうとするオオカミ。
メンドリが「オオカミさん。また来てくれるんですよね」
という問いかけには答えず、村を去る。という内容。

今まで読んだ絵本の中で、いちばんインパクトがあった。
オオカミがいつ本性を見せるのか、ハラハラしてしまう。

一度このオオカミの表情をぜひ見て下さい。
夢にでてくること間違いなし(笑)


そんな日の夕食は和風ハンバーグ。
大根おろし・しそと和風ソースでさっぱりと食べられます!
付け合わせは和風ハンバーグらしく、いんげんゴマ和えとにんじん煮。

和風ハンバーグソースの作り方だけのせますね~。

★和風ハンバーグソース

醤油・酢各大さじ3とたまねぎすりおろし1/4個分をまぜるだけ。
大根おろしを添えて召し上がれ~。



日経新聞オンラインで僕のパパ弁が特集されてます!!
日経新聞の特集はこちらから

「うまそうやな」と思ったらクリックよろしくです(笑)
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
弁当に燃える男たちを見よ

奥さんに、彼女に、気になるあの人に料理を作ってあげよう。
きっと嬉しそうな笑顔が見られると思うよ。
スポンサーサイト

テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

08:00  |  宅メシ(夜)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

なかなかシュールな絵本ですね
絵本も昔とは違うんですね
読んでみたくなりました

うちの子ども達も昔読んだ絵本はよく覚えているみたいです
楽しかったなぁ
自分で言うのもなんですが
私の読む 3匹のこぶたはすごく良かったらしく(色んな役になりきり) 
え~っ今日も3匹のこぶた?
と私が言うぐらい頻繁に読まされ
寝る前なのに 余計子ども達が興奮したものです
mayu |  2011.05.04(水) 10:58 |  URL |  【コメント編集】

■mayuさん

へ~
それだけ情感たっぷりに絵本を読めるなんて素晴らしいですね!
その家の定番絵本ってとってもいいですね。

ウチも定番絵本を見つけたいと思います!
さわちゃん |  2011.05.06(金) 08:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyasshu.blog96.fc2.com/tb.php/637-ba06a252

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |