2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.09.12 (Mon)

Papa'sおにぎりプロジェクトのミッションとは

パパおにぎり見本

ブログでご報告した通り、土曜日は
「パパと子どものお弁当作り~Papa'sおにぎりプロジェクト~」
の講座をやってきました。

onigiri.jpg

僕はこんなプロジェクトを立ち上げてます。
ミッションはおにぎりで日本中の家族を笑顔にすること。

きっかけは息子でした。

息子が離乳食を卒業し、ふつうのご飯が食べられるようになった頃のこと。
その当時は土日の朝食はパンを食べてました。

だんだん息子がパンを食べなくなり、空腹でおやつなんかをしょっちゅうねだるように
なりました。
そしてお菓子をあげてもすぐお腹が減り、機嫌が悪くなるという悪循環。

そこでパンやお菓子を止め、朝食をごはんにし、間食はおにぎりを食べさせるようにしました。
すると息子の情緒が安定し、すごく元気に健康になったんです。

おにぎりを食べてるときの息子の嬉しそうな顔。
お菓子を食べ過ぎてご飯が食べられない、なら心配するけどおにぎり食べ過ぎてご飯が
食べられない、なら心配ないかな、と思います。
実際はおにぎりはしっかりお腹にたまるので、食べ過ぎてしまう心配はあんまりないん
ですけどね。

2歳の後半になると、自分で少し握れるようになりました。
自分で作ったおにぎりはおいしいらしく、ますますおにぎりが好きになりました。

幼児の日々の食事で悩んだり、手の込んだものを作らないといけない、という強迫観念から
開放してくれるのがおにぎりだと思います。

おにぎり・漬物・味噌汁、これがあれば日本人なら大丈夫。

今回の講座も子どもはすごく楽しそうに作ってました。
「梅干入れる」「ツナマヨがいい」「のり巻きたい」「コーンおいしそう」
そんな感じでわいわい楽しんでました。

自分で作ることできっとおにぎりがより一層好きになったことでしょう。
パパもいい顔してましたよ。

そんな笑顔を日本中に広めていくのがこのプロジェクトのミッションです。
日本中のパパ子の笑顔に会いにいきたいですね。

「うまそうやな」と思ったらクリックよろしくです(笑)
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
弁当に燃える男たちを見よ

奥さんに、彼女に、気になるあの人に料理を作ってあげよう。
きっと嬉しそうな笑顔が見られると思うよ。
スポンサーサイト

テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

08:47  |  4代目弁当箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■そのとーり[i:63913]

ご飯、漬物、味噌汁でOK子供はおにぎり大好きですよね自分で作る楽しさも格別です。息子さんがもう少し大きくなったら餃子も一緒に作ってみてくださいな。2枚合わせてUFOとか、粘土細工みたいに遊びだして面白いですよ~ただ生肉を扱うので、指を舐めたりしないようにあらかじめお話ししとくといいかも
あめり |  2011.09.12(月) 18:48 |  URL |  【コメント編集】

■あめりさん

餃子いいですね~。
僕は大好きです!きっと息子も大好きです(笑)

確かに生肉は注意が必要ですね。
楽しみが増えました。
ありがとうございます!
椹(さわらぎ)英直 |  2011.09.22(木) 22:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyasshu.blog96.fc2.com/tb.php/771-2343b71f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。