2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.06.20 (Tue)

釜揚げうどんと読んだ本



わが家の調理器具は長年愛用しているものばかり。

鍋・フライパン・卵焼き器・包丁・やかんなど。
特にやかんは10年以上選手。
毎日火にかけられ、ピーピーと沸騰しながらホントよく頑張ってくれています。

こちらのうどんを入れているすし桶も、もう7年くらい使っている。
調理器具にせよ、食器にせよ、家電製品にせよ、使い慣れたものをずっと使ってしまいます。
ほんとに買い換えるのは壊れた時だけですね。

そういえば最近服も買わなくなった。
前は服を見に行くのが好きだったんですけどねー。
音楽は10代~20代にかけて聞いていたものを聴く。
本はお気に入りの作家をブックオフで。

あぁだんだん感性が鈍ってきてます。
音楽が欠かせなかった10代はどこへやら。

本は最近は重松清さんばかり読んでいる。
涙腺がゆるむので電車で読むのは危険なのですが。

青い鳥


吃音で言葉がうまくしゃべれない先生と悩みを抱えた生徒。
先生は何らかっこいい活躍するわけではありません。

ただ、「そばにいること」「一人ぼっちじゃない事」

だけを大切にします。

先生の役割ってそういう事なのか、と思い同時に
親も上司も同じかもな、と感じました。

僕は何か壁にぶつかると本に助けられている気がします。
高校生の時は本やで偶然見つけたこの本に随分救われました。


読む薬


なんか悩めるサラリーマンの処方箋みたいですが(笑)
もう何が書いてあったか全く覚えてませんが、冬休みの間だけ通っていた予備校に行く途中の本屋で毎日コツコツと読んだのを覚えてます(買えよ)
その本屋は今では「ワンカルビ」という食べ放題に変わり、高校生だった僕は3人のパパになり、通学自転車に代わってママチャリで、子供を連れて同じ場所を23年後に通ることになるとは、当時の僕は思いもよらなかったでしょうね。

しかしあのころは何であんなにいろいろ悩んでたんですかね。
結局どんなに悩んでも数年後には何で悩んでたのかも忘れてるという。
そう思えば今の悩みも大したことないのかな、と少し気が楽になります。


IMG_0143_20170620150028cd8.jpg




というわけで先日のお昼ごはん。
早い・安い・うまい、の3拍子そろった釜揚げうどん。

うどんは乾麺を使用。
乾麺は5束198円で売っているので非常に安上がり。
めんつゆを薄めて、きゅうり・トマト・ハムなんかを入れる。

あとはずるずるとみんなで食べるだけ。
手間もかからないので、おススメな昼ごはんですよ。
あと子供を持つ親だったら、重松清さんもおススメです。

パパ、がんばってるなぁと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
15:43  |  宅メシ(昼)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyasshu.blog96.fc2.com/tb.php/971-d4c7a58c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |